2019年9月22日日曜日

大阪芸大にむけて

大阪芸大のデザイン学科 推薦入試に向けた課題です。
料理の楽しげなイメージをうまく色と形で表現しています。
いい感じ!この調子で行きましょう!
(猪)

2019年9月19日木曜日

着彩描写(高卒)~大阪本町教室

アクリル絵の具で表現「キジ」の剥製 高卒/5.5時間

京都芸大志望の授業、色彩で描いてもらいました。
筆使いも丁寧で、キジの羽の色の豊かさも表現されています。
京芸では着彩描写はなくなりましたが、イメージ表現であれ
絵の具を扱うことは同じことです。
是非、イメージ表現でも同じような気持ちで描いて欲しいと思います。(浅岡)

2019年9月15日日曜日

後期授業 描写~高卒生/大阪本町教室

モチーフ「達磨落としとわらじ」9時間

時間かけましたが、それぞれの固有色の色の差を描き分け
丁寧に描いた好感の持てるデッサンになったと思います。
モチーフもそうですが、ほのぼのする絵になりました。(浅岡)

2019年8月28日水曜日

京都芸大対策~立体/桂教室

テーマ「ひねり」をボール紙で表現。3時間(高卒)

高卒生の作品ですが、京芸を目指しだしたのは春も過ぎ5月に入ってから。
これは立体を始めて間もない、7月中旬の作品です。
素材の特性を考え、テーマを素直に表現出来ていると思います。(浅岡)

2019年8月21日水曜日

夏期講習会 京芸基礎/立体~桂教室

四面体を使って「緊張」をテーマに構成。

ケント紙2枚、各形態の加工不可。台の使用不可。3時間

高校1年生、2作品目の立体です。
まだ、少し雑な部分は有りますが、四面体の数の時間内に作れ、
構成もテーマを表現しようと考えられています。
ケント紙で作る、人生2回目の立体作品です。
先が楽しみです。(浅岡)

2019年8月1日木曜日

京都芸大志望の高卒生作品~大阪本町教室

「自分の手を色彩豊かに色面分割」3.5時間

数か所、明度的にあっていない所もありますが色彩豊かに、
手前、奥と彩度・明度を意識した作品になりました。
作業も丁寧で時間内に早く塗れるようになったのは
上達の証ですね。7月18日の課題です。(浅岡)

2019年7月20日土曜日

中学生も頑張っています!


基礎講座で制作してもらった色彩作品です。
テーマは「基調色」。赤と青それぞれを基調色とし、それに調和する色彩を36マス塗って仕上げます。

作者は現在中学2年生ですが、中学生としては上出来です。


実は中国から留学中の作者!この春から京都美術学院にて美術を学び始めました。
将来は日本の美術系高校や美大への進学を目指して頑張っています。

他にも何名か留学生の生徒さんが通学してくれています。
日本での描き方と母国でのスタンダードな描き方とは異なるポイントも多いようで、苦労している生徒も多いですが、皆さん日々頑張っています。

芸大美大進学を考えている留学生の皆さん、ぜひ一度本校へお越しください!

(猪股)