2018年8月10日金曜日

デッサン「とうもろこしと缶ビール」


3時間、どちらも高卒生の作品です。
短い時間の中で必要なポイントを見出そうとしています。



2018年7月4日水曜日

色彩構成「花」

京都芸大対策 色彩 「花」
   
高卒生による作品です。(本画:3時間)
本課題では構想(モノクロ下絵による明度設計、着色したエスキース制作)に
6時間じっくり取り組み、本画に昇華させました。

この作品では構想でしっかり明度設計が行われていたため、
明快な色彩構成ができています

加えて、バラを入念に観察した成果がよく表れています。

2018年5月27日日曜日

30分クロッキー

30分クロッキー
「30分クロッキー」というタイトルですが、
上の作品は30分クロッキーを4枚経たあと、
総まとめとして1時間かけて描いた作品です。

構図は、やや対角線上に固まってしまいましたが
迫力のある陰影を表現できました。

ブログに授業時の様子をアップしているので
ぜひご覧ください!


2018年5月26日土曜日

京都芸大対策コース クレパスによる風景画

高卒生にパースの表現を学んでもらうために
クレパスで屋上からの風景画に挑んでもらいました。

京都芸大の入試にクレパスの持参用具はありません。
しかしこの画材で描写することで得るものは多くあるように思います。
 クレパスは面で表現出来たりスクラッチによる線的な表現も可能です。
それらを活かし鉛筆デッサンでは気づけなかったことに気づいてもらえたら
という思いで課題を組み立てました。
はじめはパースがガタガタだった作品。
目線の高さの基準に気づいてもらうことで統一感が出ました。
夕方の光の表現で情感も生まれました。

2018年5月15日火曜日

六面体デッサン

自由に選んでもらったモチーフを6面の方向から観察し
描写するという課題。
それを六面体に組み立てて完成!!

2018年3月10日土曜日

京都芸大入試再現作品 描写

2018年京都市立芸術大学 描写問題
合格者再現作品

基本形態(直方体、円柱、球)の出題です。
ロープの量がやや多く構成力が必要となりました。

2018年3月6日火曜日

金沢美大(日本画)対策 


金沢美大の着彩はモチーフがてんこ盛りです。
今の時期ですが1点細密着彩を研究してもらいました。

鱗も内臓もとってあるので少し平たいですが
やっぱりこれぐらいのスケールの魚は
描きごたえがあるようです。